2016年06月


デジカメ買いました!

image

Nikon COOLPIX AW130

ブログに使ってる写真は、今までスマホのカメラで撮ってました。

どうせ、ライドにはスマホ持って行く訳だし、わざわざ別にデジカメを持って行くのも面倒…とか思ってたけど、写真が増え過ぎて、スマホの容量が心配になってきました。

それに、突然の雨で濡らした事もあったし、撮影中にスマホを落としそうになった事は数知れず。


このままじゃ、スマホが壊れる日も遠くないと思ってたら、ちょっと訳ありで、新しいデジカメが必要になりました。どうせなら、自転車やキャンプ、スキーなどのアウトドアで安心して使えるカメラを!と選んだのがこのカメラです。

「防水30m+耐衝撃2.1m+耐寒-10℃+防じん性能」の高耐久ボディーは、突然の雨、万が一の落下、真冬の早朝極寒ライド…などなど、自転車に乗る時にも安心して持って行けます。

しかも、広角24mmレンズは風景をワイドに撮れるし、よく分からないけど高性能5軸手ぶれ補正とやらも凄そうです。
image

しかし…
そんなスペックよりも ですよ!
迷彩柄と書いて男のロマンと読みます。もし、防水とか耐衝撃とかの機能が無くても、このカラーリングだけで買います!!



新しいおもちゃを手に入れたら、する事はひとつ。
カメラの試し撮りを兼ねて、景色の良い琵琶湖畔から、長命寺に行ってみる事にします。


image近江八幡休暇村付近

image長命寺町の琵琶湖畔

image長命寺の坂

広角24mmレンズのおかげで、スマホのカメラより広がりを感じる写真が撮れてます。

一枚目と三枚目は、日陰から撮影したせいか、明るい部分が白飛びしてますね 。慣れたら露出補正とか試してみます。

二枚目の写真は、空と水の青が強調されてる感じ。水中撮影が出来るカメラという事で、意図的にこういう発色にしてるのかな?



さて、
ロードバイク乗りが「長命寺に行く」と言うと、駐車場まで続く激坂の事を指します。

私も今まで何度となく駐車場までは行った事ありますが、本当の「長命寺」には一度も参拝した事がない。それはそれで申し訳ないので、今日は本堂まで行ってみる事にします。

image長命寺坂下

しかし、ビンディングシューズでこの階段を上るのは危ないですよね。クリートも替えたところだし、あまり無茶したくない…



image
早朝で他に参拝の方もいなかったので、こうなりましたww



image



同じ場所からスマホとデジカメで撮影して、撮れる範囲を比較してみました。

imageiPhone6

imageNikon AW130

やっぱりスマホのカメラより広い範囲が撮影できます。青色の具合とか随分違いがありますね。




この後、八幡堀周辺をポタって何枚かパシャリ。

image
Atelier Key-men

image日牟礼八幡宮大鳥居

image八幡堀

image八幡堀

八幡堀は、時代劇の撮影にもよく使われる所です。
1年ほど前、たまたまNHKの連続テレビ小説「朝が来た」の収録に遭遇した事があって、和服姿の波瑠さんを間近で見かけた事がありましたね (*´∀`*)




最後に
早速、このカメラの頑丈さを体感しました。

image

落としても壊れませんでしたよ (ノД`)シクシク



本日のコース

近江八幡休暇村〜長命寺〜八幡堀





ぼんてんまる


さて、青色クリートを買ったは良いけど、クリート交換する時に、元の位置を再現させる方法が分かりません。

image


実は、クリートはベストポジション探しの旅の途中です。

左足はドンピシャ!って感じにセット出来てるけど、右足は何とな〜く追い込み切れてない。
黄色クリートの恩恵か、膝が痛くなる程では無いから今の位置で使ってるけど、左足に比べると右足は 何か違う感 があります。

という事もあって、右足はさておき、バッチリ決まっている左足はクリート位置を変えたくない。


他の方のブログとかで調べてみたら、皆さん色んな工夫をしてクリート交換されてますね。

・汚れの跡に合わせて取り付ける
・外形に合わせてマスキングテープを貼る
・マーカーで外周部分に線を書いておく
・専用のツールを使う

などなど

今回は、塗装用マスキングテープ貼り付けと、マーカーで線を書くの合わせ技で、クリート位置をメモリーしてみます。


image
image
マスキングテープをクリートの周りに貼り付けます。この時、テープをクリートに少し潜り込ませる感じに貼って、その部分のクリート位置をボールペンでなぞります。



image
この線に合わせて新しいクリートを付けたらポジションが再現するはず。



image
とはいえ、クリートは樹脂製。加工精度もそれなりですし、ネジの締め付けで多少は変形もします。
全てのマーキングが、ピッタリ元通りに合わなくても、あまり神経質になることも無いと思います。全体が程よく合う位置で固定してやれば良いでしょう。



では、試走してクリートの位置が変わってないかチェックしてみましょう。



位置の再現性は?

右足のクリート位置がイマイチな感じなのも含めて、両足ともバッチリ元の位置を再現してました。今回の方法は、クリート交換時の位置決めとして十分使えそうです。



青色クリートって黄色と比べてどうよ?

走り始めてすぐは「あれ?遊びってほとんど無いんじゃないの?」って感じるほどカッチリ固定されますが、慣れてくると少し遊びがあるのが分かります。

ペダルにクリート先端を入れる時に、少々もたつく様になりました。青色は黄色に比べて、クリートの前側がやや大きく作られてます(※出典)。この影響でペダルにキャッチし難くなったのかも?
まぁ、慣れれば解消するレベルだと思います。

それから、青色に替えたせいか、クリートが新品のせいか分かりませんが、ペダルへの着脱は固くなりました。


image
能登川水車

クリートの位置がバッチリの左足は全く問題なし。今までペダリング時に感じていたグニャッていう遊びがありません。特に、加速やダンシングの時に、ロス無くペダルに力が掛けられる気がします。

一方で右足は、30分も乗ってたら膝に痛みが出てきました。今まで遊びの大きい黄色クリートで誤魔化せていた ポジションがイマイチ問題 が浮き彫りになった形です。


imageしかし、怪我の功名。
遊びが少なくなった事で、シューズの前側が若干内向きになってる事に気が付きました。これが、今まで感じていた 何か違う感 の原因かもしれません。クリートの前側を微調整してみます。


「お!良いんじゃない?」
完璧とまではいかないけど、かなり良い感じになってきましたよ。膝の痛みもかなりマシになりました。もう少し追い込んでやれば、ポジションが決まりそうな気がします。

赤色・青色クリートは、遊びが少ない事の弊害ばかりが注目されがちですが、裏を返せば「セッティングのズレを敏感に感じられる」という事はメリットでもあります。

カッチリ固定されてグラつかない感じは、黄色クリートには無い安心感です。セッティングさえ決まったら、黄色クリートには戻れないでしょうね。



クリート交換の便利グッズ

色々調べている時に、クリート位置決めに便利そうなグッズを見つけたので紹介しておきます。


ERGON(エルゴン)
TP1 クリート位置決め専用ツール(シマノ用)



値段が少々お高いのですが、微調整もやり易そうです。シューズを新調してクリート位置を出し直す時とかは、これがあると便利かも。



GORIX(ゴリックス)
分割クリート シマノSPD-SL対応



これ、なかなかアイディア物です!
今回は先にクリート買ってたので試せなかったけど、これなら簡単に、確実に元の位置を再現出来るね。青色クリートは無いのかな?




ぼんてんまる


ライドの途中で立ち寄ったコンビニで感じた違和感。なんか床が滑るんですが…


帰宅してから、何気なくシューズの裏を見たら、クリートの黄色の部分が無くなってます。

image

確か、クリートの色の付いた所が摩耗したら交換しろって説明書に書いてあったような気がする。


ビンディングペダルを買ってから1年と3ヶ月

真冬の早朝ライド、伊吹山ヒルクラ、ビワイチ、鈴鹿山脈越え、などなど、苦楽を共にしてきたこのクリートともお別れです…

image

ちょっと大げさ。
消耗品やし、そこまで思い入れないですけど。



さて、新しいクリートを入手しないと。
ネットでポチッても良かったんですが、せっかくなんで、この前一緒にキタイチに行った 2人がいるお店まで、足を延ばして買ってきました。

image

2人とも とっても元気そうでしたね。
また、一緒に走りましょう。



さて、クリートを買う時に少々悩んだのが色です。

ご存知の方も多いと思うので、今さら細かい事は書きませんが、シマノのクリートは、色によってペダルに固定した時の遊びの量とか、支点の位置が違います。(→ 詳しくはこちらが参考になります。)


今まで使ってた黄色クリートに不満がある訳じゃないけど、ペダリング中にグニャッという遊びを感じる事はあります。青色クリートがどんな感じか興味もあるし、分からないモノは使ってみるしかない。

image

ということで、今回は 青色クリートを買いました。黄色クリートとの違いをチェックしてみます。


…その前に、クリート交換するのは初めてです。
どうやってクリート位置を再現させるんだろ?

クリート交換するのは、もう少し調べてからにしよう(^◇^;)




ぼんてんまる


image


自転車で走る目的は人それぞれ。


ストイックに走りを求めたい

行った先で美味しいモノを食べたい

初めての道で新しい景色に感動したい

新しい出会いが楽しみ


今日のライドは、その全部が体験出来ました。
ホント、自転車って素晴らしいツールです。

image

本日のライドのテーマは、Cafe Rovinj(ロヴィニ)でモーニングを食べる!です。
メンバーは、tk4さん、tk4さんのジュニア、Otoさん、ぼんてんまる、の4名。


tk4さんは、自転車部のグルメライド担当(笑)
自転車で寄れる 美味いお店、いい感じのお店 は、彼にお任せです。コースの新規開拓にも余念がありません。

ジュニアは、ローラー台で日々鍛錬を続ける小学生。アンディ、フランクに加えて、ぽっちゃりお腹にボブという相棒がいます。将来、有名なロードレースの選手になったら「あいつは俺が育てたんだぜ〜」と、周りに自慢するという野望があることは、ここだけの秘密です。

Otoさんは、新しい自転車仲間。縁あって一緒に走らせてもらう事になりました。
愛車はBMCのフルカーボンSLR02に、FFWDのディープリムホイール、穴だらけのサドルと、羨ましい仕様。生BMC初めて見ました。超カッコイイです。


さあ、出発です。



image
tk4さんの引きでロヴィニへ向かいます。
時々、ジュニアも引いてくれたりします。
なかなか男前ですな。



image
tk4さんが道中にあるお店を紹介してくれます。普段からアンテナを張って色んな情報を収集してるみたい。さすがは、自転車部のエースグルメライダー。



image
そぼっくる
ロヴィニと同じく、自転車乗りが集まるお店だそうで、店の前にはサイクルラック完備。自家焙煎珈琲と、お好み焼きなどの「粉もん」が美味しいとか。



image
菓志工房うすなが
イオンタウン野洲の向かいにあるケーキ屋さん。
イートインスペースもあるので、買ったケーキをそのまま、店内で食す事もできます。ロールケーキの「あやめロール」は、持ち帰りのお土産におすすめです。



ここから少し走ると、ジュニアのお気に入りポイントがあるというので、行ってみることにします。

image

image

超気持ちいい!!

見ての通り、河川敷沿いの道路ですが、車は来ないし、景色もいい。ゆったり走るのにも、力一杯ペダルを回すのにも最高の場所です。
こんな所があったとは。知らんかったです。


image
いつもは湖岸道路から直接、琵琶湖大橋の取付道路に入りますが、tk4さんに引かれて初めての脇道へ。
脇道を少し走ると、そこには琵琶湖大橋ビューポイントがありました。比良山系を背景に、琵琶湖大橋のなだらかな曲線が湖面に映えます。
昔から何気なく眺めてた橋ですが、こうして見ると、なかなか美しい橋です。

琵琶湖大橋と琵琶湖は、滋賀県民の原風景のひとつかもしれないなぁ。


image
ここまで頑張って走ったジュニアは、既にポタモードに突入。初対面のOtoさんとも、馴染みの仲間の様に打ち解けてます。自転車乗り同士に年齢は関係ないんだよね。


image
遠目には美しい琵琶湖大橋の曲線も、渡るとなればただの上り坂です。

大人には大した事ない坂も、ジュニアにとっては、それなりに試練。薄情な大人達は、さっさと上って橋の上から見物中です ホレ(゚Д゚)ノ ガンバレ


image
琵琶湖大橋の上では、若狭から自転車で自走してきたという方と出会いました。これから、びわ湖北湖を周って、若狭に帰るそうです。お気を付けて!


琵琶湖大橋を渡ったら、ロヴィニはもうすぐです。


image
通称ロヴィニ坂を上って


image
カフェロヴィニに到着です。


image
今日もニコニコ顔でマスターが迎えてくれました。モーニングセットいただきま〜す。

本日の目的達成です。


image
クロアチアスイーツ クレームシュニッタ

もうひとつの目的はこれ。クロアチアではメジャーなスイーツだそうで、サクサクとふわふわ&しっとりの食感が絶妙。さっぱりした甘さで、見た目ほど重くないので、ロングライド後でもペロッと食べられそう。

マスター曰く、日本でこのスイーツが食べられるのはロヴィニだけ。そう聞くとプレミアム感もハンパないです。


image
初めて一緒に走った Otoさん ともゆっくりと話せました。Otoさんは、自転車歴こそ浅いものの、かなりの坂バカです。今度は坂三昧コースを案内してくれるという事なので、楽しみにしてます!

ゆっくりと、くつろがせてもらいました。
マスターありがとうございました。



【追伸】
帰り道に Otoさんと私の2人で、長命寺の激坂オプションをプラスです。

image
一緒にスタートしたはずですが…


image
手加減してもらっても中盤でこの有り様。
Otoさん、かなりのポテンシャルの持ち主です。


あ、私がおそいのか orz




ぼんてんまる


サイクルウェアの洗濯ってどうしてます?

私はだいたい洗濯機でしてます。手洗いが良いのは分かってるけど、ライドから帰っていつも手洗いの時間が取れる訳でも無いし、何より楽なので洗濯機を使ってしまいます。

ただ、必ず洗濯ネットに丁寧にたたんで入れて、他の洗濯物とは分けて少量で洗う様にしてました。
ところが、今日は時間が無くて、ネットに適当に押し込んで洗ったんです。

洗濯が終わってジャージを干そうとしたら

image

ほつけてるぅ <(゚ロ゚;)>ノォオオオオオ!!

洗濯の時にどこかに引っ掛けたのか、少しの時間を惜しんで、手を抜いたらこの有り様ですorz



よく分からないけど、こういうのって切ると余計にマズイ気がする。ほつれた繊維を切っても表側にモケモケは残るし、切った所からほどけて穴が開いてしまうかもしれない。


何とか目立たない様に、うまく直さないと。
色々考えた末に ほつけた繊維を裏側に通す方法を思い付きました。ダメもとでやってみます。


裁縫針に糸を輪っか状に通します。

image



ほつけた繊維の根元を狙って針を刺します。

image

そして、輪っかにほつけた繊維を通した状態で針を通すと…



image

image

(゚o゚;)オッ


image

やった!
上手く繊維が裏側に通せましたヽ(´▽`)ノワーイ





裏側で軽く結んでから短く切れば完成。
これ以上ひどくなることも無いでしょう。

image

ひと手間かけた修理の痕。

一時は買い替えも考えたけど、上手く修理出来たことで、かえってジャージに愛着が湧きました。これからも、大切に着たいと思います。



ちなみに、専用の修理用具があるみたい。

image


ほつれ補修針…ほつれ?

「ほつける」って京都・滋賀あたりの方言みたい。標準語やと思ってたわ(ほつける=ほつれる)。




ぼんてんまる

↑このページのトップヘ